いつ働くかは自分次第

シフトに縛られない働き方教えます!

引越しの仕事では体力不足の相方は避けたい

引越しの仕事は、単発のアルバイトとして日給が高くて仕事も豊富にあるという特徴があります。
単発なので、自分が入りたい時に働けるところが魅力なので、忙しい学生にも人気です。
仕事は、体力的な負担は大きいものの、学生であれば若さに物を言わせてなんとかこなしていくことができるでしょう。
現場では正社員が必ず手伝ってくれるため、運ぶのが無理なものはいざとなったら手伝ってもらうことも可能です。ですので、それほど不安なく体力さえあれば誰でも従事することができるのです。
多くの現場では正社員とアルバイトが二人程度で仕事をすることになり、その相方の能力が仕事の難易度を大きく変えるといっても過言ではありません。
時給の高さに目が眩んで体力がないのに応募してくる人もいて、特に繁忙期であれば引越業者側も人員不足であるためにそういった人も採用してしまいがちなのです。
そういった人とペアになってしまったときには家具を一つ運ぶにもバランスが崩れて大変になり、一人で運べるものは全て重いものを選ばなければならなくなります。
そういった状況で働くことになると、時給の割りに仕事量が多くて合わない、と感じられてしまう人もいるでしょう。
そういった問題の解決策は二つあります。一つはその正社員が優秀な人であり、作業全体に関わっている人が他にもいれば、状況を相談することによって人員配置を変えて貰える場合があります。
もう一つはそもそも繁忙期を外して単発のアルバイトを受けるということです。繁忙期でなければ体力があるかないかを判断して採用を決めていることが多いのでそういった相方に出会う確率が減るでしょう。
これから単発の引越しのアルバイトに応募しようと思っている人は、その点を注意しておくと良いでしょう。