いつ働くかは自分次第

シフトに縛られない働き方教えます!

治験ボランティアは単発バイトの理想形

短期のバイトをいうと治験ボランティアを思い浮かべる人もいるでしょうが、治験ボランティアは創薬事業には欠かせない重要な仕事です。
治験は一般的に持たれる人体実験のようなアングラな面は一切無く、実際は安全性が確保されたクリーンな活動と言えます。あくまでボランティアなのですが、謝礼金が支払われるためにアルバイト感覚で参加することができます。
この謝礼金は体への負担を考慮して支払われますが、入院して採血などが行われるためにその拘束時間を考慮して高額になることが多々あります。
基本的に入院して本を読んだり寝ているだけで高額な収入が期待できるため、治験ボランティアは実状を知っている人からは割の良い仕事として人気があります。
単発の仕事なので、いつ仕事をやるかは自分で決めることができるところも人気の理由です。
一方で、短い間に何度も何度も治験に参加してお金を荒稼ぎするということはできません。
治験は1回の参加で、献血と同程度の量の血液を採取されます。採取された血液が元の量に戻るまでには一定の期間を要するため、身体への負担を考慮して治験には3ヶ月ほどの休薬期間が設けられています。
治験ボランティアは被験者の安全性の確保を第一に考えて計画・構成されていますので、連続参加が認められていないのです。
しかし、休薬期間が明ければ再度参加することができるため、3ヶ月に1度参加できる短期アルバイトと割り切ればこれほど効率の良い単発系の金策はありません。
入院などによる一定期間の身体的拘束と健康管理、献血と同程度の献血を求められますが、その反面短期間で高額な収入が得られる治験ボランティアはまさに単発アルバイトの理想形の一つと評価することができます。